Tel:0587-58-6222

【営業時間】9:00~18:00【定休日】火曜日・水曜日

【愛知県江南市】30坪 3LDK+WIC

この度 無事に完成して お引渡しが完了したN様邸をご紹介します。

黒がお好きだということで 全てモノトーンでまとめられて すごくシックなんです。
コレは LDKですが、壁も床もちょっとだけグレーがかっているので カタログに載ってるかのような映えぐあい。
私も色彩の資格取りましたが、勉強させていただきました・・・。

リビング階段も こんな感じでインテリアみたいですよね。踏み板も壁も同じ色なのがそう感じる理由です。

キッチンも同じように モノトーンです。

コンパクトに無駄のないキッチン。
あえて食洗機をつけずに収納にしました。

少人数家族なら 手洗いで済ませてしまうことが多かったりもしますし、食洗機は便利ですが、置き型もビルトインも場所をくってしまうのは事実です。

そしてこの時代を物語るコレ↓↓↓

 

ミニ神棚

ではなくて、モデム置く棚です。最初から置く場所決めておけばコードを邪魔にならないように、ぐるぐる巻いたり束ねたりしなくてもいいですしね😊

 

 

 

 

そして必見なのはコチラ。
ホテルライクなお風呂とトイレ

ラグジュアリー!

施主様をはじめ、奥様も 社長も 大工さんも 私も 内装やさんも 掃除屋さんも 外構屋さんも 建材業者さんも『カッコいいですね~~~』と同意見。
広い洗い場と大きなタブ。
黒い壁とワイドなミラー。もう大人なお風呂の雰囲気しかありません。

洋酒とシックなジャズがお似合いです。
揚げ物の匂いのする私などは場違いなくらいカッコいいです。

最初から施主のN様のこだわりでした。そのこだわりがカタチとなり、それは誰の目にも羨ましく見えます。

そして同じくこだわりの強いおトイレ。

コレは 1F       正面の壁の小さな白い箱は 便座の蓋自動開閉用人感センサーです。


コチラは 2F

どちらもやっぱり 黒いんですよ。
壁と床が黒いんです。
白い便器がよく見える。 座る的がよく見えるといいましょうか。

黒いことで 広ささえも感じます。コレを錯覚といいましょうか。

センサーのお陰で トイレのドアを開けると 便座の蓋が自動で開いて出迎えてくれるんです。
便利以外の何でもない素晴らしい機能。

最初は なまかわだって言われるようなアイディアも やっぱりどうして 使ってみると便利なんですよね😁

2階に上がります。 3部屋作りました。
客室。

シンプルでクローゼットも使いやすい場所にあります。
やっぱりモノトーン。

続いて 奥様の寝室

欲のない奥様は 謙虚にコンパクトな寝室になさいました。

それでも女性ですから 大きめの奥行きのあるクローゼットです。
寝ることが目的のお部屋なので、奥様のお考えもごもっともです。

 

お次は ご主人のお部屋なのですが、どうやっても上手に撮れなかったんです。
コチラが 撮った中でもマシな方のお写真。

天井 壁 床
もう とりあえずダークなんです。
なので 照明を付ける前は 雨戸開けても奥の方はよく見えない。
Lの字に曲がった先はWICなのですが そこまで行くと懐中電灯が必要なほどです。
施主のN様は お好きな黒一色のお部屋にご満足の様子なので それを拝見すると あぁ、良かったと安心できます。

なによりも ご自身のこだわりを優先した結果のお家です。
食洗機よりも 収納スペース
日の光の入る部屋よりも 自分が落ち着く作りの部屋

マイホームって こうして出来上がるものですし
注文住宅ならではです。

実は このN様邸は 完全な注文住宅ではありません
基本の間取りや内装、設備 建材が決まっている企画プランを N様のご希望を伺いアレンジしたんです。

お客様が 住みたいお家を建てる。
そのために太陽住宅総合研究所のできることはする

その思いに従い トラブルや問題も乗り越えて こだわりのお家が 完成しました。
愛犬も グレーなシルバーでやっぱり黒いという笑

兎にも角にも どこからどう見ても ラグジュアリーでシックな一邸です

 

 

企画間取りでも 注文住宅とほぼ変わらない

注文住宅なんて金額的に無理

そうお考えの方は 一度相談してみてください。

案外 そうでもないんです。太陽住宅総合研究所なら。

ご相談無料です。お問い合わせは コチラからどうぞ😉

 

 

 

関連記事

まずはお気軽に
お問い合わせ下さい。

お電話でお問い合せ

0587-58-622

【営業時間】9:00~18:00【定休日】火曜日・水曜日

メールフォームから無料相談

お問い合わせ