Tel:0587-58-6222

【営業時間】9:00~18:00【定休日】水曜日

【愛知県一宮市】11.5坪 素敵なアトリエ

優しい雰囲気の 小さくてかわいい絵画アトリエができました。

必要最小限の住宅設備ではありますが、きっちり太陽光発電で 断熱性能などはZEHレベルです。

こんな快適で贅沢な 自分だけの場所があるって、憧れます。

 

奥様用の アトリエということで今回新築の御依頼をいただきました。

気遣いを感じられる 優しい口調が印象的な 施主様ご夫婦です。

 

 

 

 

 

 

 

では ご案内しますね。

 

 

玄関ドア、可愛いです。

このドア開けたら 案山子や オズが居ても そんなに驚かないかもしれません。

 

 

 

 

入ってすぐにLKです。

 

 

白ベースで 淡いグリーンがまた素敵です。落ち着いていて 清潔感があって 清楚。

居室としては 少し薄寒い感じがあるかもしれませんが、

アトリエとして、作業場としてのこのチョイスは完璧だと思います。

 

また 全面総柄ではなく、無地の面もあることで、このアンティーク調の柄がひきたちます。

 

 

 

 

 

 

コンパクトなキッチンも入れました。

パネルのカラーは壁や床と同系色なので

雰囲気を壊すことなくキッチンエリアとして存在しています。

また、給湯器もシンク下に収まる電気温水器にしました。

 

370リットルものお湯を沸かすエコキュートは アトリエには不向きだと思ったからです。

大量のお湯を沸かしても使わなければタンクの中でいつまでも使われずに溜まったまま。

そうすると タンク内もなんだか淀んできそうな気がするし、お湯も悪くなってしまいます。

なので 小さなタイプにしました。

住設をサイズダウンすることで コストを抑えることもできています。

 

 

 

LKの隣には 個室があります。

 

LKとは 色味が変わって淡い桃色です。

得てして くどくなりがちな柄も、この淡さだとやんわりとして可愛いですよね。

居室というより 納戸的な扱いなので 明かり取りは はめ殺しの横長の窓のみです。

 

 

 

 

こちらのアトリエ、各照明がかわいいんです。

施主様ご自身で購入してお持ち込みになった照明のランプたちが こちらです。

 

 

玄関ホールと キッチン、個室など すべて 統一された感じがあって

スイッチオンする度に 「あぁ、可愛いなあ…」って ついつい 見上げてしまいます。

 

現在 新築中や これからご検討中の方に お持ち込みされる際の注意点があります。

 

日本規格に合うもの』というポイントを念頭に選んでください 。

電球が切れたら 交換する必要があります。

交換する電球が一般的に流通していないと 切れた時、新品の調達先に大変困ります。

ですので 素敵なランプをお考え方は、電球や規格のこともお忘れなく😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では  ここでクイズです。

以下の 画像、なにを写しているのでしょう???

 

 

はい、正解は 『 コンセントの位置 』です!

 

通常 コンセントって 床から15センチくらいなのが一般的ですが、プラグの抜き差しの度に腰をかがめたりするのって 正直面倒なんですよ。

私はため息でそうなのを いつも我慢しています。

 

 

ため息付かない、この高さ。

 

 

今この状態だと 壁の真ん中に突然あるコンセントの存在が目立つんですが、

テーブルを置いたりすると この違和感はなくなりいい感じの位置になります。

 

机の上においた充電器やPC、ホットプレートのコンセントを挿す時に いちいちテーブルの下に潜らなくてもいいんです。

もう スッと、しゃっと、パッとなんの負担もなく スマートに。なんならノールックでも(笑)

 

 

コンセントは 床から15センチの場所でないと駄目だっていう法律は どこにもありません。

むしろ 壁でなくても 天井からぶら下げたり 床に埋めたりでもいいんです。

使う時に、一番使いやすい場所に設置すればいいんです。

 

 

 

コンセントのお話が出たので、もう一つコンセントのお話を。

 

これ、太陽光で 発電した電気専用のコンセントです。

停電などの緊急時に (発電していれば)電気に必要なものに対応ができます。

停電になって どれほど電気に頼って生活しているかを思い知ります。

照明

エアコン

IHクッキングヒーター

電子レンジ

湯沸かしポット

トースター

充電器

扇風機

洗濯機

炊飯ジャー

テレビ

固定電話

Wi-Fi 

水槽のエアーシステム

 

 

家のどこに行っても 電気がないだけで不便を強いられます。

冷蔵庫に至っては いつまで温度が保たれるのか 気が気ではありません。

一分でも早く復旧してくれないかと 停電情報を調べようとしても 家のWi-Fiは飛んでないし、携帯やタブレットなどの充電もいつまで持つのかバッテリーの数字が気になって焦ってしまいます。

 

乾いた喉を潤し、不安な気持ちを落ち着けるための 温かい飲み物も作れません。

 

 

 

 

 

 

こんな時に この太陽光発電専用のコンセント。

実際は使わない時間が多いけれど あるだけで

「 停電しても これがあるからきっと大丈夫 」と安心が得られます。

心の余裕は 二次災害を防ぐ効果もありますし 一緒に住む家族にも伝わります。

 

太陽光発電なので 電気代もかかりません。

タダ、¥0、無料です。

 

 

 

注文住宅のいいところは、自分の住みやすいようにアレンジが出来るというところ。

大きなコストがかからないように、住みやすい快適な家にカスタマイズ。

自分の身長に合わせた窓の高さ

実際に使うのをイメージした 照明、スイッチや コンセントの位置

たったこの2点だけでも グッと快適さは変わります。

 

あとは 壁紙だったり、床の色、キッチンのパネルの色もお好み次第です。

 

 

注文住宅は 高いというイメージがありますが、本当にそうでしょうか。

建売住宅を購入してから 細かな追加の工事や メンテナンス、購入する住設器具などを考えると 結局は同じ程度のお金がかかっていることもあります。

注文住宅の場合は 一度に目の前に提示される金額は大きいですが、お気に入りのクロスカラーやキッチンカラー。自分の生活動線の快適さと満足感、生活のしやすさを踏まえて考えるとどちらが絶対的に安い!とは言い切れないのがホントのところだと思います。

 

1000円のズボンを買って、バスで雑貨屋に行って300円のベルトを買い、仕立て屋に移動して200円で裾上げの依頼をし、1週間後の完成時に また店頭まで引き取りに行く。

2000円出して ベルト付きの 自分サイズに合ったズボンを買う。

 

こんなイメージです。

合計金額だけでなく、移動したり、選んだりする時間や手間を考えるとどうでしょうか。

どちらが安いと思いますか?

 

人生で一番長く過ごす場所です。

自分に合わせたお家は 愛着も湧くし 住みやすいく、また心も落ち着ける場所となります。

 

 

 

 

 

お家時間を大事にしたい方

できるだけローコストに注文住宅を建てたい方

このブログを どんなやつが書いているのか気になった方

ぜひ お気軽に お問い合わせください。

今なら 期間限定の 『 社長・涙のローコストプラン』が目玉です。

 

お待ちしております😊

 

 

 

 

 

 

関連記事