無料相談・資料請求

ZEHビルダーになりました

この度 デザインハウス江南は ゼッチビルダー登録をいたしました。

日本のエネルギー消費量は右肩上がりで増え続けています。度重なる震災などで電力の需給やエネルギー価格の不安定化が身にしみた方も多いと思います。

大切な家族・子供達に 安心出来る未来を残したいですよね。そのためにも生活のステージである【我が家】のエネルギー受給の構造を 考え直し大事な家族の将来のために ZEHの導入が必要だと考えました。

最近よく聞く【ZEH】ってなんでしょう??

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス の頭文字をとったもので、使うエネルギー≦作るエネルギーになる仕様設備の家のことです。

高断熱仕様と、高効率な設備(空調管理システムなど)で、室内環境の質を維持しつつ省エネルギーを実現。

再生可能エネルギー(太陽光・風力・地熱)で年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

一次エネルギーとは、化石燃料、原子力燃料、水力・太陽光等
二次エネルギーとは、電気、灯油、都市ガス等を指します。

国は2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指しているようです。そのため、普及促進のために補助金をもらえるなどお得な面があります。

しかし ZEHを建てる際には ちょっと注意がいります。

 

・登録されたZEHビルダー/ZEHプランナーを利用してZEHを建てないと、補助金の対象にはならないこと。

・ZEHの補助金を申請したら、その後の間取りや設備の変更ができないこと。

一度ZEHを申請したら そのとおりに建てなければ補助金を受け取れません。建築申請をした後でも設備を変更したり、間取りや窓の位置を変えたりすることはよくある話ですが、使用する建材などから機械性能から、きっちり断熱やエネルギー消費量を 細かく計算して設計するので、ZEHの補助金申請の場合は厳禁というわけです。そのためZEHを建てる際には申請までに細部に至るまでしっかりと検討して決定することが重要です。

 

最初は異色的な存在だったハイブリッドカーや電気自動車も 今では世の中の大半を占めていますし、スマートホンだって最初は多機能すぎて必要ないとまで言われていました。

今は 一見ハードルの高そうなイメージのZEHではあっても 近い未来には 必ず ZEHであることが当たり前になると予想されます。

今 新築をお考えの方は 【省エネ住宅】【ZET住宅】で家を建てるという選択肢も損はないとおもいます。

だって 使う電気をすべてまかなえるんです。ずっとゼロなんです。

後付で太陽光システムを乗せるよりも 最初から発電・蓄電システムを組み込んで設計したほうが 見た目も使用勝手も格段に違います。

電気代だけじゃなく、家全体の室内環境も快適に管理できるので 夏は涼しく 冬は暖かく保ちやすくなります。

ZEH住宅であることで、より家で過ごす時間の質が上がりますね。

 

くわしくZEHについて知りたい方、ZEHじゃなくても 高性能なのにローコスト住宅を建てたい方、一度ご相談ください。

お電話・メール・ZOOMでも 受け付けています☺