無料相談・資料請求

知らないと後悔する!お家づくりで大切な6つの心構え

人生における大きなイベントとして、お家づくりがあります。
そのお家づくりを幸せなものにするための大切な心構えをご紹介いたします!
知らずに初めてしまうと後悔してしまうかも知れませんので、是非チェックしてください!

その(1):お金を借りすぎないこと

一生懸命になりすぎてうっかり忘れがちなことですが、お家を作ることがゴールではありません。
必ず実際に住んでみてからの生活や家計をしっかりと意識して、無理のない返済計画を作りましょう。

その(2):借入額の相談で銀行に出向かないこと

銀行は自分の銀行でローンを借りてもらうことで利益を生み出しています。
借入額の相談のつもりで出向いたのに、多くの営業を受けることになってしまっては大変です。
店舗を持ち、人件費のかかる銀行では金利は高くなりがちです。

その(3):ハウスメーカーや工務店よりも先に不動産屋に出向かないこと

不動産会社は住宅用の土地よりも、売りたい土地を勧めてくる傾向があります。
また、予算を土地に縛られてしまうことで、住宅のための予算がなくなり、希望通りの家づくりを諦めなくてはいけなくなる可能性があります。

その(4):しつこく誘ってくる営業マンを熱心だと思わないこと

ほとんどの業界や会社で言えることですが、熱心に勧誘をしてくる営業マンを信じすぎてはいけません。
その熱心さは本当にお客様のためでしょうか?
もし追加のオプションなどをやたらに勧めてくるような営業マンだった場合、特に注意が必要です。

その(5):インターネットや書籍の情報を頼りすぎないこと

住宅には性能だけではなく、美観や伝統、考え方など多くの要素が関わってきます。
そんな中でインターネットや書籍などの不確定な情報や、中立的でない情報に惑わされず、正しい情報を取り込み、判断することが重要です。

その(6):テレビCMやタレントさんで安心しないこと

テレビで流れているCMや、それに出演しているタレントさんは、あくまでも「イメージを良くするためや、信頼性を印象づけるために起用されている人」です。
たくさんCMで流れているからきっと大丈夫、タレントさんが宣伝してるからなんとなく安心な気がする、と思ってしまっていませんか?
必ずしもそうとは限りません。しっかりと信用できるところかどうか、見極めましょう!

いかがでしたでしょうか?
幸せな家づくりのために、ご紹介した内容を是非心に留めておいてくださいね!