無料相談・資料請求

【名古屋市中川区】I 様邸 もうすぐお引渡しです

とても仲睦まじいご夫婦なんです。

旦那様も奥様も 柔らかい物腰ですごく雰囲気がいいんです。

そんなご夫婦の新居が出来ました。お引渡し前の チェックのようすをご紹介します。

施工事例にも写真がありますのでご参考にどうぞ☺

 

同じ【コンパクトスタイルA-Class 1100】プランでも

こんなにイメージが変わるんです

施主様のカラーで お家の雰囲気も大きく変わるんですね。

建築中、 同じ敷地に 既存の離れに住んでらっしゃるので毎日ずっとその様子を アリーナ席でご覧になってました。

ほんとに目の前。頑張ったら 窓からジャンプしてこれそうな・・・笑

きっと 出来上がってくる様子を楽しんでいただけたかと。私なら 妄想大爆走確定ですね。ハイ。

 

外観はシンプルにまとめました。

こんなかんじです。

 

I

暗くなりがちな玄関も小窓で採光。

 

 

I様邸は 【コンパクトスタイル A-Class 1100】のプランです。

お二人に丁度いいサイズ感のお家だと思います。

一緒に住んでいても プライベートスペースを確保できる。相手の体温を感じつつも 窮屈さは感じません。

無駄を省いて ミニマムな生活ができそうです。

 

外観も奇をてらったものではなく、シンプルですが 玄関のシューズクローゼットは収納力抜群。

小さな窓で 暗くなりがちな玄関に光が入ります。

リビングの扉だけ ガラスが入ってます。模様ガラスにすることで リビングが丸見えにはならないようになってます。

さらに  I様邸は トイレのドア以外すべてこのドアストッパーなんですが、コレが便利。

ストッパーカバーを カチッと下げるだけで開けたまま固定ができるんです。いちいち腰をかがめなくてもいいんです。

ほんと、べんり。

 

建物の隅々 いろんな箇所のチェックをしつつ、施主様と 使用方法や詳細の確認なども合わせてします。

施工業者さんから直接 注意事項や説明を聞けるのが 一番わかりやすくて 明確な答えが聞けます。

二階は2部屋です。

ひろーい ひろーい 主寝室と子供部屋。

主寝室 入ってすぐに小さな扉。

コレはデッドスペースを生かした収納なんです。

奥行きのある空間なので 収納に使う方法以外もありそうですね。

腰高なので これを活かす方法もありそうです。

 

子供部屋は 真四角ではありません。

入って右側に大きく凹む形です。

かえってこれが 書斎的な雰囲気を作って 勉強に集中できる気もしますね!!

私は 自分ひとりだけの部屋がなかったので こういう 『 マイスペース』というこの感じ、大人になった今でも憧れがあります・・・

そして この びっくりするくらい大きなウォークインクローゼット。

広すぎてこの中にベッド置いて寝起きできちゃうくらい。

その名も 『プチ寝室』。

子供部屋にも 寝起きするスペースと 居住(勉学する)スペースの区切りをつける。

カッコイイじゃないですか!

 

まあ、クローゼットの扉をベッドが通ればの話ですけどね(笑)

 

蛇口が飛び出してないからコンパクトなんです

 

そして 目を引いたのは このコンパクトな蛇口。

一階のおトイレの手洗いなんですが、ほんとに奥行き30センチ前後なんです。

出入りに全く干渉しないほど スリム。

 

それを実現してる理由の一つはこの 蛇口。

壁から直に出ているかのような。いわゆるアームレス。

飛び出ていないから、奥行きも必要ないんですね。

飛び出ていないから、水受けボウルも小さく収まるんですね。

左右に捻るタイプだから 上げ下げする水栓より省スペースなんですね。

 

すべてが このコンパクトな手洗いがゆえのつくり。

メーカーさん、さすがです・・・。

 

こういう いろんな工夫やアイデアを集めて つくりあげる新しいお家は見ていて ちっとも飽きないです。

 

こんなところにも  あんなところにも いっぱい見るべきポイントがあって。

自分がここで生活する風景を イメージしながら アレンジしてみたり。

妄想が止まりません。

 

不思議なもので やはり 施主様にとても良く似合う雰囲気のおうちになるんですよ。

同じ外壁や 同じ壁紙をチョイスしたとしても、 施主様が変われば、お家の雰囲気も やっぱり変わるんです。

 

お家って生きてるんだなあって思います。

家族と一緒に毎日を過ごして 一緒に年を重ねていくものなんだなあって。

 

こうして 数多くの施主様と そのお家を見ていると 心からそう感じます。

 

より 良いお家を できるだけ安く。

住心地のいい家を 一緒に建てたい。

きっと社長は そう思って 一邸一邸、ご提案してるんだとおもいます。

従業員の私が言うと アレな感じに聞こえますが・・・

 

こうして 汗かきながら 、首にタオル巻いてゴシゴシやってる姿は 決してカッコ良くは無いですが、真っ直ぐで 嘘のない お客様の目線でするご提案は 信頼しても損は無いと。

 

金額ばかりに目が行きがちですが「 どんな家を  +  どの建築会社に  」依頼するのか?

 

信用できる 建築会社。

それが答えです。

 

ご相談・ご依頼などメールフォームから承っております。
どんな些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご相談・お見積もりは無料で行なっております。

お電話でのお問い合わせも承っております。
TEL 0587-58-6222

ご用件 (必須)

年代(必須)

ご請求資料