無料相談・資料請求

間取りが 見えてきました

【愛知県犬山市 N様 邸】

さて、もう8月になろうという今日このごろ、ようやく梅雨が明けましたね。

雨が降ると どうしても現場はストップしがちなんです。

その中でも 困っちゃうのがコンクリート関係。

コンクリートって、乾かす時間も要るんですよね、そうそう。

その間に雨なんて降っちゃうと乾かないですから、簡単には。

職人泣かせの雨。しかも台風だったし。

それでも頑張って土台のコンクリートを打ってくれました。

見えますか?間取りの影。

基礎枠が 壁の予定場所にあるので、すこーし間取りの様子が伺えますね。

そこがトイレなのか、キッチンなのか、はたまたシューズクロークなのか、図面を見なければ 予想するしかありません。

でもそれが楽しい!

夢が広がるっていうか、妄想するっていうか・・・。

わくわくのギア一つ上がります。自分の家だったら どうなってしまうんでしょうね、ホント。

これから夏真っ盛り。

N様邸は 周りにとても自然が多くて空が広く、蝉の鳴き声も大合唱で。

晴れが続きますから、職人さんたちには熱中症に気をつけていただきながら
グイグイ施工全速前進でお願いしたいところです。

現場見学のいいタイミングだと思います。

この後お盆過ぎ頃に 棟上げを予定していますので その頃に現場を見ると
躯体構造が 一番じっくり確認できます。

興味がなくても、どうせ解らないと思っても、お家を建てるのはまだまだ「予定」だとしても、まずは一度でいいから現場見学してみることを
強く つよく オススメしたいです。

きっと見なかったときよりも 現場見学をしてみたあとの方が、【家を建てる】ということが肌で感じられ、実感を得ることができるはずです。