無料相談・資料請求

リペアのビフォーアフター

施主様と 完成した躯体の隅々までチェックをして

要・補修箇所や 要・重点クリーニングの箇所に 小さな付箋を貼ります。

その後、リペア専門の匠に入ってもらい、その付箋箇所を最優先にして様々な修繕補修リペアをしていただきます。

いわゆる 最終ブラッシュアップというところですか。

 

デザインハウス江南がいつもお願いをしているリペア業者さんは 非常にお仕事が早いんです。

さらに キレイ。どこ直したのか分からない。

そのビフォーアフター 御覧くださいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね?  一見しただけじゃ どこを直したのかわからないほどキレイになってます。

 

こんなに丁寧なお仕事なのに、あっという間に終わってしまうんですよ。

たぶん サングラスしてハンドパワーとか  テクマクマヤコンでチチンプイプイとか  ・・・

なーんて事はありません。ちゃんと一つ一つこんな感じで作業してらっしゃるんです。

 

お腰につけた 大きなバッグにはきっと 秘密の七つ道具が入っていて

この小道具たちを駆使して どんな傷も どんな凹みもたちまち直してしまうんでしょうね。

だから 社長も私も 絶対の信頼をおいて大事なお家をお願いできるんです。

 

もとより、デザインハウス江南が今 お付き合いをお願いしている業者さんは

皆さんとても気さくな方々なんです。お願いしていること以上のお仕事をしていただけますし、

リペアの業者さんが『 リペアする箇所を探すのが大変だよ 』って仰るほど丁寧に造作して頂けるんです。

 

それもこれも 社長が いい家を施主様にお渡ししたいという気持ちから始まったことなんですね。

安くてもいい家を。

いい家を できるだけ低価格で。

その思いが お家になって施主様をはじめ、ご家族の皆様にも感じていただけたら嬉しいです。

だから こうしてキレイにピッカピカになったお家を 施主様にお家をお渡しできるように、

社長は何度も何度もチェックを繰り返します。

 

 

正直なところ、

くどいなあって思うときもありますが、

でも 社長のその思いには 見習わなきゃなって こっそり思ってます。

 

関連記事

関連記事

関連記事

関連記事