無料相談・資料請求

ジョートーだ ジョートーだ

漢字で書くと  『 上棟式 』です。

名古屋市守山区の T様邸。 もうすぐ上棟なんです。

ところで、上棟 ってなんなのさって方、いますよね、はい、私もそうでした。

で、調べてみたんです。

上棟式(じょうとうしき)とは、超簡単に言うと、
お家の柱・棟・梁(はり)などの骨組みが完成した時点で、
ここまで無事に工事が進んだことへの感謝と、完成を祈願する儀式。

最近は やる方も少なくなっていますが、それでもやっぱり 沢山いらっしゃいますよ、上棟式をきちんと執り行う方。

この儀式では建物の完成を願いますが、
最近は「儀式」という面は薄れています。
どちらかと言うと建築側と施主様側との親睦を深めるためや、
大工職人、工事関係者をねぎらうために行われる傾向にあるみたい。

地鎮祭と違って神主は呼ばずに、棟梁に仕切ってもらうのはそのためと。

それにしても なんだか 神様がいっぱい。
なんて お読みすればいいのやら・・・(バチ当たり?)

この上棟札、どうするかというと
高い棟木に南か東向きにして紐でくくりつけます。 ビスや釘は×。
一番高い所につけるのが風習でしたがどうやらこだわる必要はないみたいですが、方角だけはキッチリ南か東。

その括り付けた札は そのままそのお家を取り壊すその日が来るまで
ずうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~~~~~っと そのまま。
お家とともに時を重ねていくんです。

屋根の下で過ごす家族みんなを 毎日ずっと見守ってくれるんです。
柱に刻む 背丈の印と同じで家族の歴史なんですよね。なんだかステキ。

そんな滅多にお目にかかれない上棟札、こんな風になってます。
レアですよ、これ。じっくりご覧あれ。